経過観察、MRIなどの検査で有効性・安全性を探索的に確認

今回の治験は非盲検単群試験であるため、すべての研究参加者に同一の治験療法を行う。治験療法では、あらかじめ、培養液添加用の血清を得るために、約300gの血液を採取した後に半月板形成的修復術を行い、その約2週間後に自家滑膜幹細胞(治験製品)を移植。半月板形成的修復術後52週間の経過観察、および、MRI検査、関節鏡検査を含む検査により、有効性と安全性を探索的に確認する。この治験の結果を受けて、今後、再生...



VAIO新社長が経営方針を説明、中国再進出やVR新事業など発表

VAIOは2017年8月1日、都内で経営方針説明会を開催し、7月に会社設立から3周年を迎えた同社について、中国市場への進出やVRソリューション事業への参入など新たな事業戦略を発表した。 説明会には6月15日に新しく社長に就任した吉田秀俊氏が登壇した(写真1)。「30年近く海外営業の経験を積んできた。4社目となるVAIOではハンズオンの経営を中心に細かいところまで目配りする。ものづくりの原点から、経...



歯科医と内科医の連携を模索

 このことを歯科医師の共通の認識とすべく、セミナーやイベント、執筆などを通じて問いかけている歯科医のひとりが、日本アンチエイジング歯科学会会長の松尾通氏だ。歯科医と内科医の連携を模索している。家庭用・歯科用超音波スケーラー 特に糖尿病専門医である西田亙氏を招いた講演会を歯科界で積極的に開催し、「口腔ケアから、糖尿病の予防と治療」を推進している。西田氏は糖尿病専門医でありながら、自身の医院で患者に歯ブ...



大人だって病院は苦手……?

待合室で自分の順番を待っていたら、扉の向こうから子供の大きな泣き声が聞こえきた、という経験はありませんか?

しかし、歯医者を苦手だと感じるのは、大人も同じじゃないのでしょうか?
そんな疑問を解決すべく、今日はこんな質問結果から見ていきたいと思います!歯科技工用技工機器 〈Q.歯医者は苦手ですか〉 1位 苦手 2位 苦手ではない 3位 分からない やはり、大人になっても歯医者は苦手……という人は多い...



国内最大級の入れ歯の歯科医院ハイライフグループが全国進出

ハイライフでは、全国で2700万人とも言われる入れ歯利用者に向けて、入れ歯に特化した外来窓口としての医療サービスを展開しています。歯科技工用技工機器 現在、保険の入れ歯に悩みを持つご利用者はとても多く、噛める入れ歯を提供する為に、ご利用者1人1人に自由診療でオーダーメイドの精密な入れ歯治療を提供しています。 補綴(入れ歯/被せ物などの補完技術)を専門に勉強した経験ある歯科医師を対象に、歯科医師の技...



口腔ケアQ&A!教えて!歯医者さん

※このコーナーでは中区歯科医師会 地域保健部・地域医療部の先生が、歯や口の健康についての質問におこたえします。

Q.歯科医院で抜歯をすることになりました。歯を抜いた後、そのままにしておくとどうなりますか?歯科技工用技工機器 A.「一本くらいだったら、治療も大変だし、そのままでも…」と思われていませんか。全ての歯にはそれぞれ役割があり、調和を持って存在しています。食べ物をかみ砕く、歯ごたえを味わう...



ヒト歯髄由来幹細胞を用いた再生医療等製品の共同開発契約締結

急性期脳梗塞を適応症とする再生医療等製品
JCRファーマ株式会社と帝人株式会社は7月18日、日本国内における他家(同種)歯髄由来幹細胞を用いた急性期脳梗塞を適応症とする再生医療等製品(開発番号:JTR-161)の共同開発契約および実施許諾契約を締結したことを発表した。歯科技工用技工機器 歯髄由来幹細胞(DPC)は、神経保護作用や免疫調整作用、血管新生作用等を有することが示唆され、体内に投与しても拒...



フィリップス ソニッケアーについて

ソニッケアーは、1992年に、歯科医院で使われていた音波技術を応用した電動歯ブラシとして、米国オプティバ社より発表されました。その後、オランダのロイヤルフィリップス社が、2000年にオプティバ社を買収し、ソニッケアーをフィリップスの家電品およびパーソナルケア製品部門の一部として全世界へ展開開始しました。以来、ソニッケアーは起業家精神が旺盛な小さなベンチャーキャピタル企業で誕生してから電動歯ブラシに...



の定説覆すブルガリアでの発掘

【7月14日 AFP】ヒマワリ畑やトウモロコシ畑が広がるブルガリア南部は700万年前、現在のアフリカのサバンナにそっくりだった。そこにはキリンやガゼルが生息していたばかりか、人類最古の祖先が存在していた可能性もあるという。これまで人類の起源はアフリカにあるとされてきた定説を覆すものだ。 そこである小さな研究チームは、ブルガリアで人類の起源の証拠を発見しようとしている。6月の晴れた日、彼らはルプキテ...



進むデータベース化 歯科医師会、身元確認に備えPart2

 岡山県歯科医師会は昨年1月から、歯の検診イベントなどで希望者の歯科記録を無料で取っている。差し歯や詰め物などのデータを歯科医が専用ソフトに入力し、これまでに約8000人が登録した。記録は事務局で管理し、災害時に身元不明遺体と歯の状態が似た人を端末で検索できる。災害以外への拡大も検討しており、同会の黒住正三副会長は「歯の記録は、万が一の時に遺体と家族を結ぶ絆になる。活動を広めていきたい」と話す。歯科...



最新のコメント

最新のトラックバック

ブックマーク

  • rss 1.0