大人になってから噛み合わせを治すことはできるの?

年齢を重ねてから改めて噛み合わせを治したいとお考えの方もいらっしゃるでしょう。大人になっても噛み合わせを治すことはできるのでしょうか。

50代男性からの相談:「悪くなってしまった噛み合わせを治すことはできますか?」


『 幼少の頃から食べ物を極端に左側の歯で噛むという癖がありまして、今更ながら歯の噛み合わせを鏡で確認してみたところ、前歯のセンターがかなりズレていることに気付きました歯科技工用真空成型...



2017年第2回救歯塾が開催

5月21日(日),都市センターホテル(東京都千代田区)にて,2017年第2回救歯塾が開催された.

 年間を通じてのテーマ「黒田式コーヌスクローネをマスターしよう」のもと,第2回目の話題は「口内描記と咬合採得,顎運動のトランスファー」.外冠・義歯製作のための印象採得・咬合採得の実際について,グループ討論と実習を中心としたプログラムが展開された.
オススメ商品をご覧ください:http://www.ath...



インプラント周囲炎の発生頻度

インプラント周囲疾患の発生頻度を報告している研究は、数編しかありません(Zitzmann & Berglundh 2008)。

入手可能な研究において、1本以上のインプラントでインプラント周囲炎が起こった患者の割合は28%-56%と、大きな開きがあります。

また、疾患の広がりと重篤度は患者により異なっていて、歯科レンチ式約10-15%のインプラント患者が数本のインプラントで重篤な骨喪失を伴う顕著なイン...



口腔用液状医療機器「エピシル口腔用液」のライセンス契約締結-Meijiとソレイジア

適用後数分以内に口腔内の疼痛を緩和、効果は8時間持続 Meiji Seikaファルマ株式会社とソレイジア・ファーマ株式会社は12月5日、現在ソレイジアが日本と中国で製造販売承認申請中の口腔用液状医療機器「エピシル口腔用液」について、日本国内の販売権に関するライセンス契約を締結したと発表した。 エピシルは、スウェーデンのCamurus社により創製された、化学療法や放射線療法による口内炎に伴う疼痛の管...



「高齢期における口腔機能低下症」の概念と診断基準 学会見解の報道発表および報道説明会,開催される

11月22日(火),東京歯科大学(東京都千代田区)にて,日本老年歯科医学会による「高齢期における口腔機能低下症」の概念と診断基準に関する学会見解の報道発表,および報道説明会が開かれた.
 同学会では以前より,高齢期における「口腔機能低下症」を提言し歯科レンチ式,多くの研究と検討を進めてきたが,本会では,より確実なエビデンス構築を目的として試作された診断基準が発表された. まず,同学会理事長である櫻井...



低濃度のウイルスを簡便に検出できるバイオセンサーを開発-産総研

使用環境や感度不足など課題が多い微量ウイルス粒子の検出
産業技術総合研究所は12月20日、下水の二次処理水などの夾雑物を含む試料中のごく少量のウイルスなどのバイオ物質を、夾雑物を除去せずに高感度に検出できる外力支援型近接場照明バイオセンサー「EFA-NIバイオセンサー」を開発したと発表したエアモーターセット。この研究は、産総研電子光技術研究部門光センシンググループの藤巻真研究グループ長、安浦雅人研...



インプラントは歯列矯正の分野でも使われています

歯列矯正の分野で使用されているインプラントは、ミニインプラント、ミニスクリュー等と呼ばれており、とても細く小さいインプラントです。
通常のインプラントが失った歯を補うために使用されるのに対して、歯科技工用真空成型器ミニインプラントは前歯を大きく引っ込めたいとき等に使用されます。

通常のインプラントと同じように顎の骨に埋入するのですが、ミニインプラントはとても細く小さいために埋入にはほんの数分しかかから...



「歯がない人」抑うつリスク1.28倍に

高齢者で歯が全くない人は歯が20本以上ある人に比べて抑うつになるリスクが1.28倍と高くなることが神奈川歯科大学などの研究でわかったスリーウェイシリンジ用 ノズル

 この研究は、65歳以上の約1万4000人を対象に歯や口の健康と精神的な健康の関係を調べたものエアモーターセット。その結果、「半年前に比べて固いものが食べにくくなったと感じている人」は「そうでない人」に比べて気分が落ち込むなど抑うつの状...



どの歯が痛いか言い当てるのは難しい

歯の痛みは口全体にひろがり、どの歯が痛いかは自分でさえわからなくなることがあります。 前歯ならどの歯がおかしいかあまり間違えることなく言い当てても、奥歯に行くほど正解率は低くなります。歯を刺激して、どの歯を触れたかを回答する実験を行ったところ、3~5本の範囲内の歯を回答して、とくに1歯前方の歯と間違えやすく、第二大臼歯(前から7本目の歯)ではその手前の第一大臼歯と勘違いする人のほうが正解者より多く...



ロシア国立研究工科大学の学者たちが、歯の詰め物に加えることで虫歯の進行を防ぐ特殊なナノ材料を作製した。

ロシア国立研究工科大学と他のロシアの研究所の学者グループは、それを歯の詰め物に加えることで虫歯の進行から歯を守ることができるナノ材料を作製した歯科研磨機

このようなナノ材料は、微生物に対する「永久的な防衛者」と呼ばれており、研究の詳細は、大学広報部が発表した。
スリーウェイシリンジ用 ノズル
歯科医師のヤコフ・カラセンコフ氏は同技術について、歯科における革命だと述べたスリーウェイシリンジ用 ノズル。 カラセンコフ氏は「抗菌性...



最新のコメント

最新のトラックバック

ブックマーク

  • rss 1.0