子宮の状態を観察してから

 検査と手術が一度に済むなら、患者にとってはありがたい。林医師は子宮鏡以外にも多数の「Lin式器具」を開発している。子宮内の病変組織や内膜をつまみやすい鉗子(かんし)も、その一つだ。歯科技工用技工機器

「患者さんにできるだけ痛みを与えないため、どの医師が使っても差が出ないよう、カーブや細さを工夫しています」(同)歯科レントゲン 人によっては痛みを伴う子宮内膜細胞診も必要に応じて行うが、その際も子宮の...



満場一致! どの病院でも抜歯と判断される場合は?

歯科医の判断が分かれることがある一方、よくあるのが本当に抜歯するしかない状態でも、大丈夫と言ってくれる歯科医を探してしまうケース。抜歯という治療法を認めたくないのかもしれませんが、病院を変えても同じ診断を繰り返されることになってしまいます。歯科技工用技工機器 例えば、歯が2つに裂けている場合や、歯周病で骨から歯が完全に離れてグラグラしまっている場合は、臨床的には「すでに歯が死亡している」状態と考え...



秋田の歯科医院で男性死亡 事件と自殺、両面で捜査

 30日午後4時10分ごろ、秋田市牛島東の歯科医院で男性が血を流して死亡しているのを、訪れた女性患者が見つけ、119番した。40代の院長とみられ、刺し傷が首に1カ所あった。秋田県警は事件と自殺の両面で捜査。31日、司法解剖をして死因を調べる。歯科技工用技工機器

 県警によると、男性は2階にある医院の入り口付近で、あおむけの状態で倒れていた。手の近くには血の付いたメスがあったという。歯科レントゲン 現場...



進む体性幹細胞の再生治療 他人の幹細胞も活用

 国は16年に「高い有効性を示唆する結果が出ている」として、承認審査の期間を短縮する「先駆け審査指定制度」の対象に指定し、治験も終了。同大は、骨髄の間葉系幹細胞を脳梗塞(こうそく)患者に静脈投与し、後遺症の軽減を目指す治験も進めている。歯科技工用技工機器 ただ、患者自身の幹細胞を使う方法は、摘出する際に体へ負担がかかり、培養に時間やコストがかかる問題もある。そこで、他人の良質な幹細胞を大量に培養し...



歯の神経の創傷治癒を促すメカニズムを解明-できるだけ削らない治療へ

新潟大学は、歯の中にある歯髄と呼ばれる神経組織の傷の治癒期における、炎症や痛みに関与する生体内物質プロスタグランジン E2の輸送経路と新たな役割について明らかにしたと発表した。歯科技工用技工機器 同研究は、新潟大学医歯学総合病院の大倉直人助教らの研究グループによるもので、同研究成果は、7月31日にネイチャー・パブリッシング・グループの英国科学誌「Scientific Reports」で公表された...



横浜市西区歯科医師会の会長に就任した 妹尾 明寛さん

西区歯科医師会の新会長に就任し、「まずは訪問歯科診療の充実を図りたい」と意気込む。同会ではこの4月、高齢や病気などで歯科医院に通うことが困難な人を対象に、訪問歯科診療の窓口として「西区在宅歯科医療相談室」を開設した。現在区内で訪問診療ができる会員は15人ほどだが、「理想は患者さんが寝たきりになっても引き続き同じ歯科医が責任を持って訪問診療ができること。定期検診や誤嚥性肺炎の予防の啓発活動などにも力...



医療支える市民委員を養成 NPO法人が東京で講座

 患者の主体的な医療参加を進める活動をしている認定NPO法人ささえあい医療人権センターCOML(コムル、大阪市)が、医療関連の委員会や検討会に一般市民の代表の委員として参加し、意見を述べることができる人材の養成を始める。歯科技工用技工機器 7月から10月まで、東京で計7回の連続講座を開催。「受講を終えて一定のレベルに達した人たちをコムルに登録し、市民委員を求める行政や医療機関などに紹介することを考え...



歯周病とがんの関係

ということで、皆さんも「私も歯周病かも」と是非関心を持っていただけたらこの記事も意味のあるものになります。特に今回の研究は女性の歯周病とがんの関連にフォーカスしています。NYのUniversity of Buffalo(バッファロー大学)の公衆衛生学科のWactawski-Wende率いるグループの報告によると、口腔衛生の問題がない女性に比べて、歯周病がある女性はがんを発症するリスクが14%高いの...



先生に質問!乳歯ケアFAQ

今回行った読者アンケートでは乳歯ケアに関する素朴な疑問も多く寄せられた。そこでその中からいくつかの質問を倉治先生に訊ねてみた。

Q:歯磨きをする時、どのくらいの力加減で磨いてあげれば良いですか?家庭用・歯科用超音波スケーラー A:歯ブラシで自分の爪のキワを磨いてみて、心地よく感じる力加減で 「自分の爪のキワを磨いてみて心地よく感じる力加減であれば、子どもにとっても歯磨きの際に心地よいと感じるはずで...



抗菌薬の適切な使用は、病院あるいは医療界全体で考えていかなければならない問題です

 多剤耐性緑膿菌が増えている主な原因は、残念ながら、やはり不適切かつ長期の抗菌薬投与と考えられます。

 普通の緑膿菌ならばカルバペネム系、ニューキノロン系、アミノグリコシド系といった抗菌薬が効きます。いずれも、非常に多くの種類の菌に効く「広域抗菌薬」です。歯科技工用技工機器 このうち、とくにカルバペネムやニューキノロン系抗菌薬は医師にとって便利なので、過剰に使われる傾向にあります。このような広域抗菌薬...



最新のコメント

最新のトラックバック

ブックマーク

  • rss 1.0