歯周病の治療や予防が、認知症リスクの低減につながる理由とは?

最近の研究によれば、アルツハイマー型認知症と歯周病に相関関係があることが明らかになりつつあるという。歯周病といえば40男にも気になる病気。認知症リスクと、どのようにつながるのだろうか? 詳しい話を専門家に聞いた。歯科技工用技工機器

完全オーダーメイドの矯正歯科治療を行う矯正歯科専門クリニック 表参道矯正歯科の院長。東北大学歯学部卒業。歯学博士(歯科矯正学)、日本矯正歯科学会認定医、インビザライン公式認定医(インビザラインダイアモンドプロバイダー)。歯科レントゲン

歯周病が認知症を誘発するメカニズムとは?
歯周病がアルツハイマー型認知症を悪化させる可能性があると言われているようだが、具体的にはどういうことなのだろうか。

川崎さん「歯周病を放置した場合に、歯周病菌によって酪酸が産生されることがあります。この酪酸が、アルツハイマー型認知症の発症リスクを高める可能性があると言われているのです。口腔内で歯周病菌によって産生された酪酸が、血管を通して脳に到達すると、その部分で鉄分子・過酸化水素・遊離脂肪酸を過剰に生成します。これによって脳細胞が破壊されるというメカニズムです。

この研究結果を、別の視点から見ると、歯周病の治療や予防によって、認知症の発症を防いだり、進行を遅らせたりすることができるとも考えられるのです」

http://athena32.blog.jp/archives/4898991.html



ソーシャルブックマーク
  • ツイートする
  • facebookでシェア
  • mixiチェック
  • はてなブックマークに登録
  • Google Bookmarks に追加
  • Newsingに登録
  • Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
印は入力必須項目です。
※ログインしていると自動的に名前が挿入さます。
名前
URL
Mail
コメント
画像認証 :

表示されている数字を半角で入力してください。
 
トラックバックURL
  • トラックバックURL

  • 【トラックバックにつきまして 】
    JIMO☆ログでは、トラックバックにスパム対策を講じております。

    JIMO☆ログの記事へトラックバックを送信する際には、トラックバック元の記事の本文中に、トラックバック送信先の記事の「ページURL」を記載してください。 「ページURL」が含まれていないトラックバックは受け付けできません。

    なお、一部のブログやサービスからのトラックバックは受け付けできない場合がありますので、あらかじめご了承ください。

    詳しくはこちら

最新のコメント

最新のトラックバック

ブックマーク

  • rss 1.0