「抜歯」を免れない人が知っておきたい心得

歯科医院で虫歯治療や歯列矯正などをする際に、歯を抜く=抜歯をしなければならないときがあります。成人の男性・女性共に親知らずを抜いた経験のある人も少なくないでしょう。歯科技工用技工機器

「ドライソケット」とは?

筆者は歯科医師としての知見や経験を基に、歯や口周りの情報を「ムシバラボ」というサイトで発信していますが、その中で紹介していることの1つが、抜歯後の「ドライソケット」という症状です。歯科レントゲン

多くの方は歯を抜く瞬間の痛みを心配します。歯を抜くときは麻酔をするので、そこまで痛くないことがほとんど。麻酔が切れた後のほうが痛いという人も多いでしょうが、痛み止めを飲むことである程度抑えることができますし、数日経てば痛みは徐々になくなっていくのが一般的です。ところが、強い痛みがいつまで経っても治らない場合があります。その原因の可能性の1つがドライソケットです。

ドライソケットとは、ドライ(乾いた)ソケット(窩=穴)。つまり、乾いた穴を指しています。通常は抜歯をした後の穴には、血の塊ができ、特別な処置を施さなくても徐々に穴がふさがっていくのですが、自然に穴がふさがらず、ポッカリと穴が空いて骨がむき出しになったままになってしまいます。

「抜歯窩治癒不全」とも呼ばれるドライソケットは、治りが遅くなり、さらに骨が露出していることで刺激を受けやすい状態になり強い痛みとなって表れるのです。

抜歯後の2~4%の割合となりますが、比較的多いとされるのが下の親知らずを抜いた後のドライソケット。耐えがたい痛みが10日~2週間、ひどい場合だと1カ月も続いてしまうことがあります。

http://athena32.blog.jp/archives/4830771.html



ソーシャルブックマーク
  • ツイートする
  • facebookでシェア
  • mixiチェック
  • はてなブックマークに登録
  • Google Bookmarks に追加
  • Newsingに登録
  • Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
印は入力必須項目です。
※ログインしていると自動的に名前が挿入さます。
名前
URL
Mail
コメント
画像認証 :

表示されている数字を半角で入力してください。
 
トラックバックURL
  • トラックバックURL

  • 【トラックバックにつきまして 】
    JIMO☆ログでは、トラックバックにスパム対策を講じております。

    JIMO☆ログの記事へトラックバックを送信する際には、トラックバック元の記事の本文中に、トラックバック送信先の記事の「ページURL」を記載してください。 「ページURL」が含まれていないトラックバックは受け付けできません。

    なお、一部のブログやサービスからのトラックバックは受け付けできない場合がありますので、あらかじめご了承ください。

    詳しくはこちら

最新のコメント

最新のトラックバック

ブックマーク

  • rss 1.0