食事に支障が生じることはないのだろうか?

「人間は主に奥歯で食べ物をすり潰して飲み込みます。ところが犬や猫は、人間とは口の構造が違うので、上下の歯ですり潰すということをしないんです。人間は歯が1本でもなくなると不自由さを感じますが、犬猫は、まったく歯がなくなってもごはんを食べることができます。だから痛む歯でごはんをかんでいたときに比べれば、きちんと抜歯してあげたほうが快適に暮らせると思います」 歯科技工用技工機器
 
つまり抜歯こそが、現在のペット歯周病治療では、QOL(生活の質)をいちばん高める方法なのだという。それにしても、なぜここまでペットたちに歯周病が蔓延してしまったのだろうか?歯科レントゲン
 
「人間とペットで、歯周病の原因となる細菌は共通していることも多いのです。ペットとキスをしたり、ごはんを口移しで与えたりすることで、人間から移るケースも増えていると思います。もちろん、ペットから人間に歯周病が移ることもあります。お互いのためにもキスや口移しは厳禁ですね」

http://athena.namjai.cc/e210813.html



ソーシャルブックマーク
  • ツイートする
  • facebookでシェア
  • mixiチェック
  • はてなブックマークに登録
  • Google Bookmarks に追加
  • Newsingに登録
  • Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
印は入力必須項目です。
※ログインしていると自動的に名前が挿入さます。
名前
URL
Mail
コメント
画像認証 :

表示されている数字を半角で入力してください。
 
トラックバックURL
  • トラックバックURL

  • 【トラックバックにつきまして 】
    JIMO☆ログでは、トラックバックにスパム対策を講じております。

    JIMO☆ログの記事へトラックバックを送信する際には、トラックバック元の記事の本文中に、トラックバック送信先の記事の「ページURL」を記載してください。 「ページURL」が含まれていないトラックバックは受け付けできません。

    なお、一部のブログやサービスからのトラックバックは受け付けできない場合がありますので、あらかじめご了承ください。

    詳しくはこちら

最新のコメント

最新のトラックバック

ブックマーク

  • rss 1.0