狭き門をくぐり抜け学力はお墨付き

 最新の国試の結果を、詳しく見てみよう。表中にはないが、新卒者の合格率が76.9%であるのに対し、既卒者は46.6%であり、受験回数が増えるほど不合格割合は高くなるとされる。出願をしながら受験しなかった未受験者が相当数いることも見過ごせない。出願者の約6人に1人にあたる642人が未受験で、当日の体調不良などもあるが、多くは卒業試験の不合格者であると見られている。歯科技工用技工機器

 実際に卒業試験にパスする学力に満たない学生が多いのかもしれないが、受験者数だけを分母に合格率を出せば、見かけ上は合格率をかさ上げして見せられることも事実だ。留年した学生からは続けて授業料を取ることもできる。

 確かなことは、難度も高まった国試で、狭き門をくぐり抜けた合格者は、どこの大学の出身であろうと、少なくとも学力については、お墨付きだということだ。歯科レントゲン

 ところで、問題の発端となった歯科医師の過剰傾向については議論がある。確かに、歯科医師は医師で最も多い内科医より多く、開業する割合も高い。しかし、都市部を中心に過当競争が起きている一方で、全国には無歯科医師地区もある。また、むし歯こそ減ったが、高齢社会にあって歯周病は増加し、摂食問題への対応など新たな領域も増えている。

 日本私立歯科大学協会はホームページで、「今後、歯科医師不足が予測されます。いま以上に必要とされる存在になります」と呼びかける。歯科医師不足は、厚労省や日本歯科医師会の見解とは相反する。学校の保身のための呼びかけでないことを祈りたい。(ジャーナリスト・塚崎朝子)

http://athena32.blog.jp/archives/3288145.html



ソーシャルブックマーク
  • ツイートする
  • facebookでシェア
  • mixiチェック
  • はてなブックマークに登録
  • Google Bookmarks に追加
  • Newsingに登録
  • Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
印は入力必須項目です。
※ログインしていると自動的に名前が挿入さます。
名前
URL
Mail
コメント
画像認証 :

表示されている数字を半角で入力してください。
 
トラックバックURL
  • トラックバックURL

  • 【トラックバックにつきまして 】
    JIMO☆ログでは、トラックバックにスパム対策を講じております。

    JIMO☆ログの記事へトラックバックを送信する際には、トラックバック元の記事の本文中に、トラックバック送信先の記事の「ページURL」を記載してください。 「ページURL」が含まれていないトラックバックは受け付けできません。

    なお、一部のブログやサービスからのトラックバックは受け付けできない場合がありますので、あらかじめご了承ください。

    詳しくはこちら

最新のコメント

最新のトラックバック

ブックマーク

  • rss 1.0