VAIO新社長が経営方針を説明、中国再進出やVR新事業など発表

 VAIOは2017年8月1日、都内で経営方針説明会を開催し、7月に会社設立から3周年を迎えた同社について、中国市場への進出やVRソリューション事業への参入など新たな事業戦略を発表した。

 説明会には6月15日に新しく社長に就任した吉田秀俊氏が登壇した(写真1)。「30年近く海外営業の経験を積んできた。4社目となるVAIOではハンズオンの経営を中心に細かいところまで目配りする。ものづくりの原点から、経営を高所から見るだけでなく一緒に汗をかいて盛り上げたい」と自己紹介した。歯科技工用技工機器

3年間で法人向けPC体制やEMS事業を立ち上げ

 最初に吉田氏はVAIOという会社について、「製品と社名が同じVAIOであることから、企業価値を高めるにはVAIOブランドの価値を高めることが重要だ」と語った。歯科レントゲン

 次に過去3年間のVAIOの実績を振り返り、「PC製品の絞り込み」「製販一体の会社機能と法人向け体制の整備」「EMS事業の立ち上げ」に成功したことを高く評価した。

法人向けPCについては、「VAIOといえばB2Cのブランドというイメージがあったが、この3年間で法人向けの営業体制や保守体制が充実した。最終黒字のキーファクターのひとつだ」(吉田氏)と振り返った。

http://athena32.blog.jp/archives/3158067.html



ソーシャルブックマーク
  • ツイートする
  • facebookでシェア
  • mixiチェック
  • はてなブックマークに登録
  • Google Bookmarks に追加
  • Newsingに登録
  • Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
印は入力必須項目です。
※ログインしていると自動的に名前が挿入さます。
名前
URL
Mail
コメント
画像認証 :

表示されている数字を半角で入力してください。
 
トラックバックURL
  • トラックバックURL

  • 【トラックバックにつきまして 】
    JIMO☆ログでは、トラックバックにスパム対策を講じております。

    JIMO☆ログの記事へトラックバックを送信する際には、トラックバック元の記事の本文中に、トラックバック送信先の記事の「ページURL」を記載してください。 「ページURL」が含まれていないトラックバックは受け付けできません。

    なお、一部のブログやサービスからのトラックバックは受け付けできない場合がありますので、あらかじめご了承ください。

    詳しくはこちら

最新のコメント

最新のトラックバック

ブックマーク

  • rss 1.0