銅による殺菌効果により期待される歯科治療法・ドックセメント

銅に殺菌作用がある?

昔から銅は『殺菌効果がある』ことで知られ『銅壷の水は腐らない』と言われてきました歯科用切削研磨セット。銅で出来ている10円玉を、キッチンに隅に数枚置くだけで殺菌効果が期待出来るほどのようです。
それだけでなく殺虫効果もあるようで『墓地の花入れに10円を入れると蚊がわかない』という言い伝えがあるほど。
銅を手すりやノブなどに活用すれば『院内感染予防になる』とも言われ、注目されるようになってきました。

ドックベストセメントの登場

この銅の殺菌効果を活用した歯科材料が開発されました口腔内照明器。それは『ドックセメント』です。この『ドックベストセメント』の治療のコンセプトは3Mix-MP法と似ているようです。

歯科コードレス口腔内用照明装置

全ての感染した部分を削りとるのではなく、一部残します。歯科レンチ式そして抗菌力効果のある薬であるコーパライトを塗り、その上に銅セメントであるドックベストセメントで埋め、その上は通常通りの補綴物、インレーなどで修復します。
そうすると、永続的な薬の効果により、浸透殺菌も期待できるようです。しかしこの『ドックベストセメント』は深い虫歯には対応しきれないという欠点があります。
今後注目すべき歯科治療のひとつだと思います。

関連記事ハーブティは酸度がかなり高い食品?



ソーシャルブックマーク
  • ツイートする
  • facebookでシェア
  • mixiチェック
  • はてなブックマークに登録
  • Google Bookmarks に追加
  • Newsingに登録
  • Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
印は入力必須項目です。
※ログインしていると自動的に名前が挿入さます。
名前
URL
Mail
コメント
画像認証 :

表示されている数字を半角で入力してください。
 
トラックバックURL
  • トラックバックURL

  • 【トラックバックにつきまして 】
    JIMO☆ログでは、トラックバックにスパム対策を講じております。

    JIMO☆ログの記事へトラックバックを送信する際には、トラックバック元の記事の本文中に、トラックバック送信先の記事の「ページURL」を記載してください。 「ページURL」が含まれていないトラックバックは受け付けできません。

    なお、一部のブログやサービスからのトラックバックは受け付けできない場合がありますので、あらかじめご了承ください。

    詳しくはこちら

最新のコメント

最新のトラックバック

ブックマーク

  • rss 1.0