タバコを吸うと歯周病になりやすい?

タバコはやっぱり百害あって一利無し?

タバコを吸うと、癌になる可能性が高くなるとか言われていますが、歯周病や虫歯にもなりやすくなるとも言われています。

その前に歯周病って何?という方 >>

喫煙者と非喫煙者とでは歯肉の衰えが10~20年早くなると言われています
歯科用切削研磨セット。それにより、歯槽膿漏になったりするんですね。その原因はタバコを吸うと体内では活性酸素が発生し、それを体内から消そうとするとビタミンCが多く使われるのです。歯科用ルートエレベーター歯科コードレス口腔内用照明装置
それによりビタミンCが不足してしまいます。ビタミンCが不足すると老化現象が早く進むと言われており、同時に歯肉も老化していくようです。

それだけでなくタバコに含まれるタールにより、歯周病や虫歯の原因といわれる歯垢や歯石を歯牙につきやすくしてしまうようです。
あと、タバコに含まれるニコチンには血管収縮作用があり、歯肉の血行を悪くさせます口腔内照明器。そうなると歯周病菌に対する抵抗力が低下するため、歯周病になりやすくなります。
これだけでなく、タバコというのは白血球の働きを低下させるようで、菌に対する抵抗力がかなり落ちるようです。
調べれば調べるほど、タバコって害ばかりのようですね。

関連記事口臭の原因とは何か



ソーシャルブックマーク
  • ツイートする
  • facebookでシェア
  • mixiチェック
  • はてなブックマークに登録
  • Google Bookmarks に追加
  • Newsingに登録
  • Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
印は入力必須項目です。
※ログインしていると自動的に名前が挿入さます。
名前
URL
Mail
コメント
画像認証 :

表示されている数字を半角で入力してください。
 
トラックバックURL
  • トラックバックURL

  • 【トラックバックにつきまして 】
    JIMO☆ログでは、トラックバックにスパム対策を講じております。

    JIMO☆ログの記事へトラックバックを送信する際には、トラックバック元の記事の本文中に、トラックバック送信先の記事の「ページURL」を記載してください。 「ページURL」が含まれていないトラックバックは受け付けできません。

    なお、一部のブログやサービスからのトラックバックは受け付けできない場合がありますので、あらかじめご了承ください。

    詳しくはこちら

最新のコメント

最新のトラックバック

ブックマーク

  • rss 1.0