在宅高齢者の補綴処置について

近年では、看護の必要な高齢者の方への口腔ケアの重要性がますます高まっています。介護の現場では、身体のケアを重要視するあまり、専門的な口腔ケアにまではなかなか手が届きにくいという現実があります。今後は介護の分野へも歯科の専門家がどんどん入っていくことが望まれます。
以下は在宅高齢者の補綴処置についての記事からです。

【在宅高齢者の補綴処置とその限界】
考え方
 歯を失っていくことが,歯科手術用照明LEDライト口腔の老化現象であるとすれば,個人差は大きく,対処の仕方も千差万別である.このような義歯に対する感性をもつ人たちに義歯を使いこなしてもらうように対応しなければならないのは大変である.口腔内に異物である義歯を常時入れ,その義歯を使いこなすという行為は,それを使いこなそうとする人すべてにできるわけではない.さらに,義歯を使いこなせない人が介護を必要になってしまうと,義歯は無用の長物にしかならない.これを防ぐには,自立しているときから,義歯を自分の身体の一部とし,義歯なくしては生活できないほどに義歯に親しんでほしい.そのためには,最低限咀嚼機能の回復がはかられる義歯を製作し,装着してもらう必要がある.(2004 現代の治療指針引用)家庭用・歯科用超音波スケーラー

Greeloy®GU-P 109A歯科用ポータブル式診療チェア

健康な時に義歯を使いこなせない方が介護が必要になると、歯科用インプラント装置その後義歯は全く使われなくなる。そのため、普段から義歯を積極的に使い、慣れ親しんでおきましょう、という内容でした。日常的な口腔ケアが、将来にわたる口腔ケアに繋がっていくことを理解し、毎日のケアを大切にしましょう。
まつもと歯科では、歯に関するお悩みやご質問に対して、お電話で専任のカウンセラーが無料でお答えしています。お一人おひとりのご相談をていねいにお聞きしますので、お気軽にお電話下さいね。
関連記事:乳歯の虫歯



ソーシャルブックマーク
  • ツイートする
  • facebookでシェア
  • mixiチェック
  • はてなブックマークに登録
  • Google Bookmarks に追加
  • Newsingに登録
  • Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
印は入力必須項目です。
※ログインしていると自動的に名前が挿入さます。
名前
URL
Mail
コメント
画像認証 :

表示されている数字を半角で入力してください。
 
トラックバックURL
  • トラックバックURL

  • 【トラックバックにつきまして 】
    JIMO☆ログでは、トラックバックにスパム対策を講じております。

    JIMO☆ログの記事へトラックバックを送信する際には、トラックバック元の記事の本文中に、トラックバック送信先の記事の「ページURL」を記載してください。 「ページURL」が含まれていないトラックバックは受け付けできません。

    なお、一部のブログやサービスからのトラックバックは受け付けできない場合がありますので、あらかじめご了承ください。

    詳しくはこちら

最新のコメント

最新のトラックバック

ブックマーク

  • rss 1.0