皮下脂肪から歯茎を再生する研究結果

歯茎を再生出来る時代が来るのか

歯周病で失われた歯茎などは、今までは再生することは難しいとされてきました歯科研磨機。しかし、患者本人の皮下脂肪から抽出した幹細胞を移植して歯茎を再生するという、世界初の臨床研究を大阪大歯学部付属病院の教授グループが始めたようです。

現時点では動物実験では再生効果が確認されており、厚生労働省のヒト幹細胞に関する審査委員会に研究計画を提出したようですスリーウェイシリンジ用 ノズル

認められれば年内にも実施し、安全性や有効性を確かめていくようです。

歯科技工用ミニタイプ研磨機AX-J1

歯周病は成人の約8割がかかる病気と言われており、人が歯を失ってしまう多くの原因となっています。

歯周病の感染によって、歯茎とその下の歯槽骨やセメント質などの歯周組織が破壊され、それが原因で口臭がきつくなってしまいます歯科レンチ式

その臨床研究の内容というのは、中等症から重症の患者12人が対象とし、局所麻酔をした患者の腹部から皮下脂肪を30~10cc採り、歯周組織の元になる幹細胞を抽出し、そして3週間に培養した後、歯槽骨が欠けた部分に移植します。

臨床結果がどのようになるのか大変楽しみですね。

関連記事TPP参加で歯科医療業界にも影響があるのか?



ソーシャルブックマーク
  • ツイートする
  • facebookでシェア
  • mixiチェック
  • はてなブックマークに登録
  • Google Bookmarks に追加
  • Newsingに登録
  • Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
印は入力必須項目です。
※ログインしていると自動的に名前が挿入さます。
名前
URL
Mail
コメント
画像認証 :

表示されている数字を半角で入力してください。
 
トラックバックURL
  • トラックバックURL

  • 【トラックバックにつきまして 】
    JIMO☆ログでは、トラックバックにスパム対策を講じております。

    JIMO☆ログの記事へトラックバックを送信する際には、トラックバック元の記事の本文中に、トラックバック送信先の記事の「ページURL」を記載してください。 「ページURL」が含まれていないトラックバックは受け付けできません。

    なお、一部のブログやサービスからのトラックバックは受け付けできない場合がありますので、あらかじめご了承ください。

    詳しくはこちら

最新のコメント

最新のトラックバック

ブックマーク

  • rss 1.0