プロフィール

プロフィール画像
383658

カレンダー

<<   2017年10月   >>
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近の記事

フォルダ

月別アーカイブ

<<   2017年   >>

このブログで使用したタグ


「ランジェリー少女時代」CNBLUE イ・ジョンヒョン“穴埋めドラマという偏見は残念だったが、再び自信を抱けた”

KBS 2TV「ランジェリー少女時代」は“穴埋めドラマ”だという偏見の中で出発した。それもそのはず、「魔女の法廷 DVD」放送前の8部作として緊急編成され、俳優たちのキャスティングも撮影2週間前から大急ぎで行われた。

しかし、結果的には大成功だった。ヒロインのジョンヒ役の宇宙少女 ボナをはじめ、チェ・ソジン、ソ・ヨンジュ、ヨ・フェヒョン、ドヒら新人俳優、女優たちの方言の演技が光を放ち、視聴率も5%に上り、人気を得た。

現場で長男の約割を果たしたCNBLUEのイ・ジョンヒョンは18日、明洞(ミョンドン) にあるFNC WOWで久しぶりに取材陣に会った20世紀少年少女 DVD。「ランジェリー少女時代」が視聴者たちの高評価の中終了し、彼の顔は笑顔でいっぱいだった。

イ・ジョンヒョンは「あと何話かあったら、他の人物たちのストーリーを描けたのに…という残念な気持ちはあるけれど、8部作だったため展開が早く、集中しやすかったこの人生は初めなので DVD。想像できる楽しさがあった」と、残念さと共に嬉しさを表した。

彼は「ランジェリー少女時代」でツンデレのチュ・ヨンチュン役を務め、パウ・ヘジュ役に扮したチェ・ソジンと恋愛の演技を披露した病院船 DVD。映画「ひまわり」の中のキム・レウォンの演技を参考にし、不安定ながらもツンデレの魅力のあるキャラクターを完成させたという。

イ・ジョンヒョンは「チュ・ヨンチュンは最近の女性たちが望む男性像だと思う。他の人にはつんとしているけれど、自身が好きな女性には純情を捧げる、幼い頃から夢見てきた純情と純粋さ、強靭さも持っているツンデレ男だ」とし、笑顔を見せた。

「ランジェリー少女時代」は“穴埋めドラマ”、「応答せよ」シリーズのミニバージョンだという偏見を抱えてスタートした。しかし、8部の間、吸引力のある個性あふれるストーリーと俳優たちの安定した演技で毎回好評を受けた。

イ・ジョンヒョンは「スタートする前にチーフプロデューサーが、このドラマが穴埋めドラマであることは事実だけれど、結果はそうはならないはずだと言っていた。最初は残念だったが、終わる頃にはもう一度自信を抱き、心から感動を受けた」と振り返った。

また彼は「作品が置かれた状況は重要ではない。脚本家さんが良い作品を書いて、監督と俳優がしっかり表現すればそれでいい。俳優たち同士で視聴率にこだわらないようにしようと約束したが、思ったより好反応でありがたかった。体感視聴率は5%以上だ」とし、満足感を表した。

「ランジェリー少女時代」は1970年代後半の大邱(テグ) を背景に、少女たちの成長痛と恋を描いたドラマだ。韓国で9月11日から10月3日までの8部作のドラマで、短いがインパクトのあるドラマだったという評価を受けた。



ソーシャルブックマーク
  • ツイートする
  • facebookでシェア
  • mixiチェック
  • はてなブックマークに登録
  • Google Bookmarks に追加
  • Newsingに登録
  • Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
印は入力必須項目です。
※ログインしていると自動的に名前が挿入さます。
名前
URL
Mail
コメント
画像認証 :

表示されている数字を半角で入力してください。
 
トラックバックURL
  • トラックバックURL

  • 【トラックバックにつきまして 】
    JIMO☆ログでは、トラックバックにスパム対策を講じております。

    JIMO☆ログの記事へトラックバックを送信する際には、トラックバック元の記事の本文中に、トラックバック送信先の記事の「ページURL」を記載してください。 「ページURL」が含まれていないトラックバックは受け付けできません。

    なお、一部のブログやサービスからのトラックバックは受け付けできない場合がありますので、あらかじめご了承ください。

    詳しくはこちら

最新のコメント

最新のトラックバック

ブックマーク

  • rss 1.0