プロフィール

プロフィール画像
383658

カレンダー

<<   2017年04月   >>
            01
02 03 04 05 06 07 08
09 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近の記事

フォルダ

月別アーカイブ

<<   2017年   >>

このブログで使用したタグ


『ワンダーウーマン』幼少期が明かされる新映像&特別メッセージが到着

本日、4月10日(月)は1949年に労働省(現在の厚生労働省)が制定し、日本の女性の地位向上のために様々な活動が行われてきた「女性の日」。それを記念し『ワンダーウーマン』で主演を務めるガル・ガドットらから日本に向けた特別メッセージ映像が到着レギオン DVD。映像後半には"ワンダーウーマン"が一人の戦士として成長していく姿がついに明かされる最新映像も収められており、ファンならずとも世界中から期待を集める女性スーパーヒーローの知られざる一面は必見だ!

到着した映像は、ガルと共演のクリス・パインによる、日本に向けたメッセージから始まる。ガルは、日本語で「女性の日」に触れ、続けて「みんなで本当のヒーローを応援しましょう!」と力強く呼びかけている。同時に二人は本作で描かれるワンダーウーマンの姿を熱く語る。

それによると、女性だけの島で育ったプリンセス、ダイアナは島に不時着した初めて出会う男性のパイロット、スティーブとの出会いを通して運命が大きく動き出すシャーロック シーズン4 DVD。初めて外の世界に飛び出した彼女が、やがてワンダーウーマンという存在になっていく物語となるようだ。その言葉通り、続く本編の新映像では、一族最強の者しか持てないと言われる剣に憧れを抱いた少女が厳しい修行に耐え、最強の戦士として成長していく姿が描かれる。剣、槍、弓といった武器で華麗に戦う圧巻のアクションシーンは必見だ。アンデッド DVDそして、その修行中に追い詰められた彼女がとっさにクロスしたブレスレットから巨大なエネルギーが放たれるシーンでは、自身の秘めた知られざる能力に驚くダイアナの姿が描かれる。自身の力に目覚めた彼女はどんな出会いや試練を乗り越えて史上最強のスーパーヒーローとなっていくのか? そ の知られざるストーリーに期待が高まることは間違いない。

そして、世界を救うために生まれ育った島を離れロンドンに向かったダイアナは銃弾をブレスレットで防ぎ、剣一つで武装した集団を次々と倒していくまさに"最強の美女戦士"スリーピーホロウ シーズン4。しかしその一方で、今まで島を出たことがないために一般的な社会の常識を知らないという意外な一面を見せる。フォーマルな服装であっても剣と盾は手放せず、圧倒的すぎるパワーを隠そうともしないために周囲を驚かせる事もしばしば。生真面目で世間を知らない彼女ゆえに起こるコミカルなやりとりには、鑑賞者も思わずクスリと笑ってしまうことだろう。ユーモアもふんだんに盛り込んだ作風も見て取れる。

世界で今最も実写化への期待を集めている"ワンダーウーマン"だが、彼女は男性のスーパーヒーローが描かれてきたコミックスで初の女性スーパーヒーローとして登場して以来、世の女性を鼓舞し、先導する存在だった。そんな彼女が、女性の活躍が社会にとって必要不可欠となった今の時代に映画化されたのは、まさに必然といえるだろう。本作を撮影した女性監督パティ・ジェンキンスは、「この映画の実写化はフェミニズムの軌跡に大規模な業界が追いついたことを意味していると思う。かつては女性スーパーヒーローを描くことに多くの障壁があったけれど今は違う。彼女を一人の普遍的なキャラクターとして描ける時代が来たのよ」と語り、現代とワンダーウーマンをリンクさせ実写化の喜びを覗かせる。

今や世界で最も期待を集めるスーパーヒーローとなったワンダーウーマン。自身を最強の戦士に鍛え上げてくれた女性だけの故郷を離れ、彼女はその力を何のために使うのか? 『ワンダーウーマン』は8月25 日より全国公開。ぜひ劇場で彼女の活躍を目撃して欲しい!



ソーシャルブックマーク
  • ツイートする
  • facebookでシェア
  • mixiチェック
  • はてなブックマークに登録
  • Google Bookmarks に追加
  • Newsingに登録
  • Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
印は入力必須項目です。
※ログインしていると自動的に名前が挿入さます。
名前
URL
Mail
コメント
画像認証 :

表示されている数字を半角で入力してください。
 
トラックバックURL
  • トラックバックURL

  • 【トラックバックにつきまして 】
    JIMO☆ログでは、トラックバックにスパム対策を講じております。

    JIMO☆ログの記事へトラックバックを送信する際には、トラックバック元の記事の本文中に、トラックバック送信先の記事の「ページURL」を記載してください。 「ページURL」が含まれていないトラックバックは受け付けできません。

    なお、一部のブログやサービスからのトラックバックは受け付けできない場合がありますので、あらかじめご了承ください。

    詳しくはこちら

最新のコメント

最新のトラックバック

ブックマーク

  • rss 1.0