カレンダー

<<   2017年05月   >>
  01 02 03 04 05 06
07 08 09 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近の記事

プロフィール

プロフィール画像
もみの木のいえ
泉佐野市のグループホーム
『もみの木のいえ』です。
全ての利用者様に適切な認知症ケアができるように、
職員一同日々努力しております。
詳細は『ワムネット もみの木のいえ』で検索。ご見学の際はご一報を!

月別アーカイブ

<<   2017年   >>

人の集うところ


広場正面


突然ですが、
広場を開催しようと思った経緯をお伝えします。
少し長くなるのでご了承ください。

昨年オープンした【Cafeもみの木】。
今年の4月19日より、
【おしゃべり広場もみの木】としてリニューアルオープンし、
毎週水、木、金曜日の13時~16時に、
出入り自由、利用料1回100円で、
お茶やコーヒー、ソフトドリンク飲み放題(おやつ付き)、
wiiによるカラオケも歌い放題という形で開催してます。

GW中はお休みさせていただいてたので、
今週が4週目ということになりますが、
開催11日間で来客0の日がたった1日だけ!
正直、これは少し驚きでした。
月1、2回だったCafeの時には、
何度も来客0の日があったので、
週に何度かは誰も来ない日もあるかなぁって思ってたんですが、
お陰様でほぼ毎回どなたかがお越しくださいます。

広場には、長年もみの木で勤めてくれてるスタッフが、
広場担当スタッフ(おかみさん)として常駐してます。
もみの木のいえの事や僕(もみの木施設長)の事を理解し、
広場を開催する意味も理解しようと努めてくれてます。
いろいろ苦労もあるようですが、
でも楽しんでもらえてるようなので、
リニューアルしてよかったなぁって思ってます。

トップの飾りは、
もみの木のいえの利用者さんや他のスタッフが、
あれこれ考えて作ってくれました。
かなりいい雰囲気になりました♪

この広場では、
絶対に歌を歌わないといけないとか、
誰かと喋らないといけないとかっていう縛りは、
特に設けておりません。

でも毎回誰かが歌を歌ってくれてます。
何故か折り紙の作品がどんどんできあがってきてます(笑)。
来客者が多いときは、他の来客者もお手伝いしてくださいます。
もちろん僕が指示をしたわけではなく、
誰かに指示されたわけでもなく、
自然とそういう流れになったようです。
この流れが少しでも長く続けばいいなぁって思ってます。

僕がこんな流れを初めて感じさせていただいたのは、
毎月西宮で開催されていた『寄ってっ亭 輪楽
さんに参加させてもらった時です。
2011年の夏頃、
主催者のきみきみさんとお会いしたりブログを拝見して、
寄ってっ亭さんの存在を知りました。
翌年の1月に初めて参加させていただき、
開催場所が現在の『まんまるみかん』さんに変わってからは、
2年ほど月に何度も足繁く通わせていただいてました。
僕だけが参加するのではなく、
ミニセミナーのような企画があればスタッフも参加させてもらったり、
もみの木の利用者さんも参加させていただいて、
美味しい食事をみんなと一緒にいただきながら、
ゆっくりと楽しませていただいたりしました。
何度も参加させていただいてるうちに、
教えていただきながらも、
「これならお手伝いできるかな?」とか、
「あれはあちらに置いてたな?」とか、
何となく覚えることができて、
簡単な事だけお手伝いさせていただきました。
(お邪魔だったかもしれないですが・・・)

寄ってっ亭さんでは、
僕や利用者さんやスタッフが参加させて頂いただけでなく、
本当に多くの方にお会いさせていただきましたし、
本当に多くの事を学ばせていただきました。
ご参加された方々は赤ちゃん(今は大きくなられてます(笑))から、
僕と同年代の方やご年配の方など様々な年齢の方がおられ、
参加される方が多い時は、
一つの部屋で自然といくつもの輪ができて、
それぞれの輪で会話が盛り上がったりして、
参加された方それぞれが楽しんでいたように思います。

「おしゃべり広場もみの木」をやろうと思った大きなきっかけは、
間違いなく「寄ってっ亭輪楽」さんでした。
参加される方皆さんが楽しめる場所を、
泉佐野でも作ってみたいなぁって思ったのが始まりです。
というか実は、
その頃僕自身が居心地のいい場所を探し求めていたら、
すごく居心地のいい場所だったのが寄ってっ亭さんだったていうのが、
本当のところかもしれません。
だから何度も通ってたんでしょうね・・・

今、広場を開催しようとする理由の一つとして、
居場所を作りたいなぁっていう事があります。
もちろん僕自身の居心地のいい場所を、
というのもありますが、
参加される方の居心地のいい場所の一つとして、
そしてもみの木のいえの利用者さんにとっての居心地のいい場所として、
広場が有り続けられるようにしたい思ってます。


ちなみに本日(5/19)は寄ってっ亭さんの開催日です。
興味のある方はお問い合わせしてみてください。
詳しくはHPをご覧ください。

そしてその『寄ってっ亭輪楽』さんの開催場所となっている、
こうしえんおへやレンタルまんまるみかん』さんからも、
居心地の良さを教えてもらいました。
こちらには『空間』としての居心地の良さを、
いろいろな事を通じて体験させていただきました。
寄ってっ亭さんでの経験はもちろん、
ヨガなどを体験させてもらった時の気持ち良さ、
小さなセミナーやシンポジウムの会場としての距離感など、
まんまるみかんさんでしか体験できない居心地があります。

僕はこちらでも様々な分野の方とお会いさせていただき、
それぞれの分野で深いお話を聞かせていただいたり、
学ばせて頂くことがたくさんありました。

建物の雰囲気から感じる居心地の良さだけではなく、
マネージャーのななももさんの想いも加わって、
たくさんの人を引き寄せる魅力のある場所です。

居場所を作る時、
ただ単に見栄えのいい空間を作るだけでなく、
ただ単に場所を提供するだけでないということを、
教えていただいたのはまんまるみかんさんでした。

どうしてこの場所を使ってもらいたいのか、
どんな人に使ってもらいたいのか、など、
提供する側の想いの大切さを感じられる空間。
これは是非まんまるみかんさんで体験してみてください。

まんまるみかんさんでは、
様々な教室やコミュニティーが開催されてます。
こちらも詳しくはHPをご覧ください。

ということで、
これがまずCafeや広場をやりたいというきっかけのお話でした。

他に今までに参加した、人が集まる場を紹介させていただくと、
京都府亀岡市で、
『NPO法人 共生ケアかめっこの会』さんが開催されている、
『地域サロン寄って亭』さんにも1度だけ参加させて頂きました。
一度しか参加していないのですが、
その時の雰囲気としてはのんびりとした雰囲気で、
ゆっくりとくつろげる場所だなぁと感じました。
こちらは毎週月曜、金曜と第2、4水曜日、
10:00~15:00に開催されています。
(水曜日は介護家族相談日です。)
またこちらでは3ヶ月に1度、
第2土曜日19時~21時にらくちん介護勉強会を開催されたり、
年に一度、大きなセミナーも開催されています。
尚、NPO法人では正会員、賛助会員、
ボランティア会員さんを募集中です。
興味のある方は、
『共生ケア かめっこの会』で検索してみてください。
また新潟市では、
河田さん主催の『実家の茶の間・紫竹』にも、
少しだけですが参加させていただき、
地域の方々との関わり方などを学ばせていただきました。

実は各地で様々な形で、集い場などが開催されています。
恐らく様々な思いを持ちながら運営されていると想います。

先にも書いたように、
おしゃべり広場もみの木の目的の一つとして、
居場所作りというのがありますが、
僕個人としては別の大きな目標があります。
これはあくまでも個人的な目標なので、
現時点では公表することはできませんが、
この目標をおかみさんも感じてくれてました。

もしその目標を公表しても、
「え?それだけのこと?」って思われるかもしれません。
でもいつかその想いが伝わって実現できたら、
広場をオープンして良かったと感じられると思います。

おかみさんは、
毎回その日の事を記録してくれてます。
その記録を読ませてもらうと、
苦労されてる事や悩まれてる事もありますが、
楽しい出来事や思いも寄らない出来事があると、
すごくうれしそうに書かれています。
読んでるこちらも嬉しい気持ちになります。

こんな気持ちを少しずつ、
ほんの少しずつでもいいから、
皆さんに感じてもらえるような広場を、
みんなで作っていきたいと思います。

おかみさんに会いたい方も、
是非一度お越し下さいませ☆

長文にも関わらず、
読んでいただいてありがとうございました!



ソーシャルブックマーク
  • ツイートする
  • facebookでシェア
  • mixiチェック
  • はてなブックマークに登録
  • Google Bookmarks に追加
  • Newsingに登録
  • Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
印は入力必須項目です。
※ログインしていると自動的に名前が挿入さます。
名前
URL
Mail
コメント
画像認証 :

表示されている数字を半角で入力してください。
 
トラックバックURL
  • トラックバックURL

  • 【トラックバックにつきまして 】
    JIMO☆ログでは、トラックバックにスパム対策を講じております。

    JIMO☆ログの記事へトラックバックを送信する際には、トラックバック元の記事の本文中に、トラックバック送信先の記事の「ページURL」を記載してください。 「ページURL」が含まれていないトラックバックは受け付けできません。

    なお、一部のブログやサービスからのトラックバックは受け付けできない場合がありますので、あらかじめご了承ください。

    詳しくはこちら