プロフィール

プロフィール画像
coozy
名前 久路 流平(くじりゅうへい) COOZY(クージー)
職業 DJ、遊歩人、執筆、ナレーション
趣味 散歩、カヌー、山歩き、エスニック料理
特技 暑さ寒さ貧乏に強い事
ヤフーブログに引越しました。

カレンダー

<<   2017年10月   >>
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近の記事

月別アーカイブ

<<   2017年   >>

このブログで使用したタグ

ロボック川クルーズ(ボホール島)。

TQ4axUdEJt.jpg 今度は、ロボック川クルーズです。 ガイド・ブックのコラムに、「船着場にはレンタルボート店が数軒並んでいる。ここで料金交渉をしてボートをチャーター…」とあるのですが、現場に行くと様子が違います。 チケット売り場があって、そこでチケット(600円)を買うと、「3番乗り場に行って…」と言われます。 訳の解らぬうちに進むと、そこには小船2艘を並べた上に家を載せたようなものがあり、パーティー会場の赴き...



Sevillaの竹の吊り橋(ボホール島)。

ボホール島ではけっこう観光もしました。 チョコレート・ヒルに続いて行ったのはセヴィリャの竹の吊り橋。 ここは、チョコレート・ヒルからタグビラランに行く途中にあるのですが、交通の便が悪いようです。 チョコレート・ヒルからはツアーも出ているのですが、ツアー嫌いの僕は個人で行くことに拘ります。 とりあえずタグビラランから行くことにしました。 聞いてみると、セヴィリャ行きのジープニーは一日に3本ほどしかな...



ウォーキング日和。

0bKCQiOF09.jpg 3連休中日の今日、天気予報によれば唯一の好天とか。 家にいるわけにはいきません。 ということで、独りで歩きに行ってきました。 今日のコースは六甲最高峰を経由して宝塚に至る23キロのロング・コース。 ガッツリ歩いてドバッと汗をかきたかったのですが、体力の無い人や歩き慣れていない人と一緒では無理なコースなので、今日は絶好のチャンスです。 スタートは、阪急電車の芦屋川駅。 川沿いには桜並木がありますが...



パングラオ島。

5SGTfwR2pk.jpg チョコレート・ヒルのあとは、ボホール島の中心都市タグビラランへ移動。 そのままパングラオ島を目指します。 パングラオ島はボホール島と橋で結ばれた小さな島で、ダイバーを中心にリゾート化が進んでいるんだそうです。 ビーチは美しいんだそうですが、けっこうツーリスティックみたいなので、僕はタグビラランを基地にして、パングラオ島には日帰りで行きました。 僕が泊まってるゲスト・ハウスからはバス・ターミ...



ボホール島。

RwaIkzEL8A.jpg

 いよいよボホール島へ向かいます。
 バト(レイテ島)からウバイ(ボホール島)への船は一日一便と聞いてましたが、実際には2便ありました。

 上のアウトリガー付きの漁船みたいな船は、8時15分発で14時着。
 およそ6時間の船旅です。

 料金は聞いていません。
 というのも、この船を発見する前に、既に別の船のチケットを買っていたからです。
 その船がこちら。

6JQfyyb1oV.jpg 「Lady Of Charity」号。 こちらは9...



初カヌー。

 今日はテレビでWBCを観戦する予定でしたが、このお天気はいけません。
 陽気に誘われて、大川にカヌーを浮かべることにしました(笑)。

JxSw4KpxSg.jpg スタートは源八橋の少し下。 たくさんの亀が日向ぼっこをしていましたが、闖入者に驚いて次々と水に飛び込みます。 亀の集団入水みたい…。 大阪城を左手に見ながら、尚も大川を下ると天満橋を越えて天神橋の手前で中ノ島が登場。 左手の土佐堀川を進むと、やがて右手に中央公会堂が...



飲み放題、食べ放題…。

nQiOwBOxdp.jpg 昨日よりはマシですが、今朝の朝陽もボンヤリしたもの。 今日も黄砂が舞いそうですね。 今朝は4時過ぎに目が覚めてしまいました。 おそらく、昨日の苦しくなるまでの食べ過ぎ、飲み過ぎ、そしてそのまま帰宅後すぐに寝てしまったせいだと思われます…。 昨日は、フィリピンから帰国後初の夜の外食。 IちゃんYちゃんに連れられて、なんばパークスに行ってきました。 初なんばパークスです。 近所なんですが…。 行った...



桜を求めて…。

 先週、福岡で桜の開花が発表されましたが、今日は大分や宮崎でも開花したようです。
 開花予想よりかなり早いようなので、大阪の桜も木になります。

 ということで、お天気も良いので、黄砂が舞う中ではありますが自転車に乗って視察してきました。

ZFGjXM4Nit.jpg まずは川崎橋から大川を俯瞰しますが、当然桜は見えません。 あと2~3週で、川の両側が桜に包まれるのでしょうね…。 大川沿いの遊歩道を進んでいると、早咲きの桜を発見...



レイテ島からボホール島へ。

レイテ島の次に目指したのは、ボホール島。 一旦セブ島に渡って、そこからボホール島に行くのが一般的ですが、ガイド・ブックの欄外に小さな情報が載っていたのです。 「レイテ島のバトからボホール島のウバイに船が出ている」と。 そこで、観光局に出向き聞いてみたのですが、「フィリピンには小さな航路がたくさんあるので、総ては把握できていないんだ…」とのこと。 ただ、「宿泊設備はある」とのことなので、そのルートを...



サマール島からレイテ島へ。

 雨に迎えられたサマール島ですが、舟の着いたアレンからジープニーでカルバヨグに向かいます。

 ルソン島からサマール島に移っての大きな変化は、道の悪さ。
 途上国においては、首都の周辺と主要な幹線道路のみ良く整備されているというパターンは多いのですが、ここもその傾向が見えます。

 雨が降ったり止んだりというお天気の下、2時間強でカルバヨグに到着。

6nslFy28MW.jpg この町はガイドブックに地図も無く、自分が町のどの辺りに居る...