プロフィール

プロフィール画像
coozy
名前 久路 流平(くじりゅうへい) COOZY(クージー)
職業 DJ、遊歩人、執筆、ナレーション
趣味 散歩、カヌー、山歩き、エスニック料理
特技 暑さ寒さ貧乏に強い事
ヤフーブログに引越しました。

カレンダー

<<   2017年04月   >>
            01
02 03 04 05 06 07 08
09 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近の記事

月別アーカイブ

<<   2017年   >>

このブログで使用したタグ

アンボセリの朝陽に誘われて…。

1YXPdPkFDS.jpg

 今朝も夜明けがきれいでした。
 家で寝る限りはほぼ毎朝見てるわけですが、それぞれ趣があって飽きることがないですねぇ。

 太陽と青空が大好きな僕は、昼間は「雲ひとつない青空」が理想ですが、朝陽夕陽のころは薄い雲があるほうが好いですね。

sWUvUqqIAZ.jpg 今朝も、雲が薄い朱色に染められて好い感じ…。 これを見ていて昔の思い出が蘇ってきました。 1988年の1~3月に東アフリカを旅してたのですが、ケニアのアンボセリ国立公...



帰国へ。(マラウィ)

(10月23日の日記「軽~い軟禁状態」の続き) 失意のどん底にあった僕を暖かく包んでくれたのは、日本大使館の人たちだけではありません。 名前も知らぬマラウィの人たちからも、たくさんの「救い」を頂きました。 何しろ派手な頭(?)をしていたものですから、しょっちゅう「どうしたんだ?」と聞かれるんです。 それで、強盗に遭った話をするんですが、ビックリするのは相手が例外なく同じ反応を示されること。 顔をし...



軽~い軟禁状態。(マラウィ)

リロンウェの超超超高級ロッジでの滞在は、僕にとっては軽~い軟禁状態です。 それが長引くことになり気が滅入りますが、それも自ら蒔いた種。 耐えるしかありません。 そんな僕の心理状態を察したのか、大使館のO矢さんは僕が出歩いてよい範囲を少し広げてくださいました。 それまでは近くで安く食べられる食堂もなく、朝にロッジの豪華朝食を食べた後は、昼夜共にパンにマーガリンを塗ったものとバナナぐらいしか食べてい...



渡航書。

(10月18日の日記「日本大使館へ」の続き) 日本大使館指定の超超超高級ロッジでの滞在が延びた理由は、写真の渡航書です。 見たことがない人が多いと思いますが、僕はこれまでに2回発行してもらってます(笑)。 海外でパスポートを紛失した場合、パスポートを再発行する時間が無い時や(渡航書のほうが早い)、その国の日本大使館がパスポートを再発行できない場合(マラウィは後者)に出されるもので、日本に帰る目的だ...



日本大使館へ。(マラウィ)

(10月10日の日記「一文無しの日々」の続き) ブランタイヤで借金をして首都のリロンウェに向かう道すがら、気になるのは「大使館の人はどんな人だろう?」ということ。 電話では好感触を得ていたものの、日本大使館にはこれまで散々嫌な思いをさせられただけに楽観はできません。 しかし、在マラウィ日本大使館の人たちは例外的に素晴らしい人たちでした。 直接担当してくれたO矢さんもM田さんも、僕の行動を非難するこ...



一文無しの日々。(マラウィ)

(10月8日の日記「マラウィで入院…」の続き) 病院の車でゲスト・ハウス「ファミリー・ロッジ」(写真)に連れて行ってもらったのに、荷物を取って戻ってみると車が消えていたところで、前回は終わりました。 でも、それには理由があったのです。 警察署は、ロッジから歩いて5分の所にあったのです。 消えてしまった車に代わって僕を待ち受けていたのは、ロッジのママさんでした。 ママさんは腰に手を当てて大きく胸を張...



マラウィで入院…。

(10月7日の日記「オヤジ狩り」の続き) 3人組の強盗が走り去った後、一人取り残された僕は再び町の中心部に向かいました。 大声を出しても誰も気づかなかったぐらいですから、辺りには人影はありません。 それでもようやく4~5人の男性を見つけ、電話で警察を呼んでもらいました。 でも、なかなか警察は来ません。 彼ら曰く、「マラウィの警察は、呼んでもなかなか来ないんだ…」と。 15分ほどして、サイレンも赤色...



オヤジ狩り…。

マラウィ湖畔で過ごした天国のような一週間が過ぎ、再び移動が始まりました。 ある土曜日、ケイプ・マクレアの安宿を早朝の6時前にチェック・アウトしてトラックを待ちます。 程なくやってきたトラックの荷台に乗り込み、客を探して村をウロウロし、6時半には出発。 モンキー・ベイに至るメイン・ロードに出た所で、マンゴチ行きのトラックと擦れ違い、そちらに乗り換え。 マンゴチからはトラックではなく、バスに乗り換えま...



マラウィ湖でカヌー。

せっかくの美しいマラウィ湖ですから、「カヌーしたいなぁ~」と思っていたんです。 そんな時、ケイプ・マクレアの高級ロッジで、カヌーをレンタルしているのを発見。 僕が泊まっているゲスト・ハウスの兄ちゃんにも聞いてみました。 「カヌーを持ってるの?」 「ああ、あるで」 値段を聞くと、1日借りて1500マラウィ・クワッチャ(1140円)というので、交渉して3時間で500マラウィ・クワッチャ(380円)に値...



ケイプ・マクレア(マラウィ)。

マラウィ湖を47時間掛けて船で旅した後に着いたのは、モンキー・ベイという町。 ここで一泊した後に目指したのがケイプ・マクレアという湖畔に位置する村で、ンカタ・ベイ(9月23&25日の日記参照)と並んで白人バック・パッカーに人気の高いところです。 モンキー・ベイからケイプ・マクレアに行く手段はトラックのみ。 トラックといっても、荷台に座席を付けたようなものではなく、正味のトラックです。 まずはビール...