プロフィール

プロフィール画像
coozy
名前 久路 流平(くじりゅうへい) COOZY(クージー)
職業 DJ、遊歩人、執筆、ナレーション
趣味 散歩、カヌー、山歩き、エスニック料理
特技 暑さ寒さ貧乏に強い事
ヤフーブログに引越しました。

最近の記事

このブログで使用したタグ


絶好の○○日和…。


vaavqtSlLy.jpg


 今日の大阪は、雲ひとつない快晴。
 遠く生駒連山までくっきり見える、春には珍しい天気です。

 絶好のお花見日和。
 絶好のカヌー日和。

 どちらに行くか迷ってる場合ではありません。
 両方行けば良いのですから…。

 ということで、大川にカヌーを浮かべてきました。

 このコース、いつもほとんど僕一人なのですが、今日は仲間が。
 天理市から参加のTス君と息子のRちゃん(まもなく5歳)です。

 朝の9時半に源八橋下流で待ち合わせ。
 10時にはスタートできるかと思ったのですが、久しぶりにカヌーを組み立てるTス君は四苦八苦。
 組み立てに一時間以上掛かってしまいました。

 仕事も遊びも、継続が大事です(笑)。

 
oCsPlRG2Iz.jpg


 父ちゃんの不手際にRちゃんのご機嫌が気になりましたが、心配することは無かったようです。
 川の浮遊感にウキウキなようです。

 
c4qat2r0FU.jpg


 まだ満開には早いのですが、桜もそこそこ咲いてます。
 岸辺から眺める人たちも羨ましそうです。

 スタートして一時間ほどで、堂島川沿いの使われていない船着場に上陸。
 Tス君の奥様手作りの愛妻弁当を分けてもらってランチ・タイムです。

 このお天気以上の調味料はありません。
 バカ美味です!!

 食後はさらに堂島川を下って、Rちゃんに父ちゃんの会社を見てもらってからUターン。


oaZV3Hzwb0.jpg


 お天気は崩れることなく、最高の市内クルーズ。
 「生きてて良かった」と思える一時が続きます


46s9noU2tM.jpg


 そして、再び大川に戻って花見カヌーの再開です。
 その頃にはRちゃんはカヌーの中で爆睡。
 よほど気持ちが良いんでしょう…。

 花見カヌーは、咲き始めよりも散り始めのほうが良いんです。

 さあ、今シーズンあと何回花見カヌーができるんでしょうか?

 インシャ・アッラー…。



ソーシャルブックマーク
  • ツイートする
  • facebookでシェア
  • mixiチェック
  • はてなブックマークに登録
  • Google Bookmarks に追加
  • Newsingに登録
  • Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント

  • 1,
  • やたけたの熊さん
  • 2009/03/30 19:44
親子で乗っておられるカヌーは、ダッキーではなくてカヤックですよね?
カヤックと違ってダッキーは組立やすいんですか?
ダッキーをしたいなと思っておりますが、なにせ人一倍ブキッチョですから、組立だけで挫折してしまいそうで怖いんです。

  • 2,
  • 小学生の母さん
  • 2009/03/30 20:02
 私たちも昨日この辺に散歩に出かけていました。
ちらちら桜が咲いていますし、昨日も天気がいいし、日曜日と言う事もあり、お花見やバーベキューをする人が結構いました。
これからもっと増えてくるのでしょうね。

  • 3,
  • coozyさん
  • 2009/03/31 07:54
★やたけたの熊さん。
 これは、ファルト・ボート(あるいはフォールディング・カヤック)といって、組み立て式のカヌーです。
 この日は僕もこれの一人乗りに乗ってます。川によって使い分けるんです。
 組み立ては慣れれば10分から15分でできますが、Tス君は久しぶりだったので…(笑)。
 ダッキーは空気を入れるだけですから、多少の体力を要するだけで、技術は不要です(笑)。
 どうぞご安心を。

  • 4,
  • coozyさん
  • 2009/03/31 07:56
★小学生の母さん。
 同じ場所で隣り合わせの桜の木でも、片方がけっこう咲いてるのに、もう一方は全然…なんてのもありますね。
 今度の週末には人で賑わいそうですが、ちょっとお天気が芳しくないようですね。
 お花見の予定はあるんでしょうか?
印は入力必須項目です。
※ログインしていると自動的に名前が挿入さます。
名前
URL
Mail
コメント
画像認証 :

表示されている数字を半角で入力してください。
 
トラックバックURL
  • トラックバックURL

  • 【トラックバックにつきまして 】
    JIMO☆ログでは、トラックバックにスパム対策を講じております。

    JIMO☆ログの記事へトラックバックを送信する際には、トラックバック元の記事の本文中に、トラックバック送信先の記事の「ページURL」を記載してください。 「ページURL」が含まれていないトラックバックは受け付けできません。

    なお、一部のブログやサービスからのトラックバックは受け付けできない場合がありますので、あらかじめご了承ください。

    詳しくはこちら